就業規則の見直し


就業規則とは

就業規則は、会社のルールブックであり職場の秩序を守るものです。

 

 

10人以上の労働者(アルバイトやパートタイマーも含みますが、役員は除きます)が在籍する場合に作成し、職員に周知させ、労働基準監督署に提出をしなければならないと法律で定められています。

 

就業規則がないと労働者とトラブルになったときに、基準となる考え方を示すことができません。

 

なお、就業規則に関しては以下の罰則が設けられています。

《罰則》

・就業規則作成・届出義務ある会社において就業規則を作成しない、就業規則を届け出ない。

  ・・・30万円以下の罰金(労働基準法89・120条)

・就業規則の作成に労働者の意見を聞かない

  ・・・30万円以下の罰金(労働基準法90条1項・120条)

・就業規則を見やすい場所に掲示せず、労働者への周知もしない。

  ・・・30万円以下の罰金(労働基準法106条・120条)

 

 


オリジナルの就業規則をつくりましょう

実は、就業規則は会社の秩序を守るだけでなく、働く職員の仕事へのモチベーションにつながったり、勤務継続意欲や会社の独自性や働きやすさをアピールすることにもつなげることができる、有益なツールです。

会社は人によって成り立っています。

人を活かす就業規則を見直してオリジナルの就業規則をつくってみませんか?

弊所では就業規則説明会やルールブックの作成なども承っております。

                               →料金表はこちら